初心者におすすめ!始めやすいウインタースポーツ

ウインタースポーツ始めたいあなたへ、準備をお手伝いする情報サイト

>

シンプルに雪と自然を楽しみつつその先の世界へ

スノーシューで歩くということは

スノーシューは日本風にいえばかんじきです。
そのままで歩くとずぶっと埋まってしまう雪の上をスノーシューをはくことである程度の浮力を確保して沈まずに歩けるのです。

雪のある登山道などはほぼ全て、スノーシューで歩くことのできる場になります。
スノーシューと雪さえあればどこでもすぐ始めてしまえるだけに、少し危うさもあります。

スノーシューハイキングをしたいという人はきっと登山などにも興味があり、まずは山へ向かうのではないでしょうか。
ですが、スキー場の限定されたコースと違い山となるともし何かあった時は危険です。最悪の場合人知れず遭難死ということもあるでしょう。
山小屋の人、スノーシューツアーの主催者などが一緒ならその指示には従い、無理せずに余裕を持って戻ってくることが大事でしょう。

登山用具と使い回せるもの

防水性、また保温性のあるブーツは自分で買った方がよいです。
冬季用とかでなくとも、ある程度の固さのソールのしっかりした作りのものに厚手の靴下があれば足元は安心です。
また、もちろん防水性があるほうが望ましいですが、保温性のあるものであれば、グローブとして使えるでしょう。

サングラスもあったほうがよいものです。
雪上を裸眼で歩くと思っている以上に目が日焼けで痛みます。

そしてアウトドア用の防水性のあるアウターは、レンタルより買ってしまう方がよいものです。
アウトドア用のアウターは、それ自体には保温性がなくても、下にフリースなど保温性のあるものを着ることで十分にあったかいです。
冬季用でなくて構わないですが、フードがあってジップアップできるようなものをアウトドア用品店でそろえるのがよいです。

また、携行品を入れるザックが必要です。
ザック自体は防水性より背負いやすさが大事です。お店で背中に合わせてみましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る