初心者におすすめ!始めやすいウインタースポーツ

ウインタースポーツ始めたいあなたへ、準備をお手伝いする情報サイト

>

気軽に楽しめてファッション性の高さでも人気

友達同士で車で行く場合の注意

スノーボードに行く場合、勿論ツアーを探して電車やバスで行くこともあるでしょう。
また、友達同士で車で行こうとする場合も多いと思いますが、なるべく高速道路を降りてからの道路事情の良いところを探すべきです。
なぜならスタッドレスタイヤだと安全と過信してしまっての事故をよくみかけますので。
また、高速道路は積雪時に冬用タイヤに加えてチェーン着用義務のある区間も設けられました。
事前によく調べておかないと帰るしかなくなることもあり得ます。

ゲレンデの選び方ですが、スノーボードはスキーよりも小回りなども利かず、初心者にはどんなに緩やかでも林間コースなどは向きません。
また実は傾斜の緩い平らすぎるところも難しいのです。ですから、雪質を気にするのは当然ですが、なるべく幅のあるゲレンデが良いです。
そして、標高の高いところの比較的斜度の緩めな中級程度のゲレンデが実は初心者の練習に適していると思います。

やはり小物をそろえるところから

ウエアなどは沢山種類がありますが、レンタルを使うより自分で用意しておくべきものは、やはりゴーグルとグローブとビーニー、靴下です。
ゴーグルはスキーとスノーボードでの違いはほぼないと思います。
あまり色の濃くないものが良いと思います。グローブはスキーのようにストックを握るということもないので、ミトンタイプなどの厚めのものも良いです。
手をつく機会が多いので防水性は重要です。

スノーボードの場合はどうしても尻もちをついたりどうしても痛い転び方をすることがあるので、お尻や太ももにパッドの入ったプロテクターはわりとあったほうがよいアイテムだと思います。
お尻のパッドがあると雪の上に座ったりしていても冷えることがなくてよいというのもあります。
転んだダメ―ジは最初は大丈夫でもあとで絶対に影響あるので気をつけた方がよいです。
ボードとブーツは、レンタルでまずは借りて、それから調べて自分の物を買うようにするべきです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る